ヴァン・ヘルシング

19世紀のヨーロッパ。バチカンから使わされた男、ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)は、不死身のモンスター、ドラキュラ伯爵を捕らえるためトランシルバニアへやってくる。この土地で、代々吸血鬼と戦ってきたヴァレリアス一族は、今や王女のアナが残るのみ。アナの兄ヴェルカンは、すでにドラキュラの手に落ちていた。アナとヴァン・ヘルシングは共にドラキュラを追うが、その頃、世界支配を目論むドラキュラ伯爵は、何千という吸血鬼の卵を孵化させようとしていた。

More以降ネタばれあり。



ドラキュラ、ウルフマン、ハイド、フランケンシュタイン等のメジャーなモンスターが総出演です。何だろうコレは。予告で「総制作費○○ドル」とか出てた時点でもういいや、と思ってたんだけどお祭り映画的な感じで楽しめました。
個人的にウルフマンの変身シーンがすごいというか驚きました。皮を剥ぐのか!!
他にも「トランシルバニアの馬にはどんな怪物も追い付けない」と言いながらあっさりと追い付かれたり、絶対無理だろ的な渓谷をジャンプで越えたり、変にハイテクな武器とか色々とおかしな所はあります。
それでも、ヒュー・ジャックマンのカッコ良さに隠れるだろうと。
最期のシーンでウルフマンになったヴァン・ヘルシングを助けようと解毒剤を手に入れたアナ王女がヴァン・ヘルシングに殺されるんですが、あの死に方は微妙だ。なんで体当たりだけで・・。


ヴァン・ヘルシング
http://www.vanhelsing.jp/index.html
[PR]
by chaos_step | 2004-09-12 21:22 | 映画日記


<< ブロッコリースプラウト(その5) PULSE(1999) >>