携帯電話サービス顧客満足度

b0009856_3341642.gif久しぶりの携帯関連エントリをしたいと思います。
株式会社J.D.パワー アジア・パシフィックという顧客満足度に関する調査・コンサルティングの専門機関が2004年携帯電話サービス顧客満足度調査の結果を発表しました。
この調査は、全国の携帯電話利用者(個人ユーザー)を対象に年1回の割合で実施しています。
その結果が左のグラフです。
見ての通りauが9のエリアのうち8で1位を取っています。
昨年はドコモが9のエリアで1位を取っていました。
これってどういうことを意味するんでしょうね。
auのサービスが向上したのでしょうか。
それともドコモを使ってる人がauのサービスを知ってそれをドコモのサービスと比較した結果なのでしょうか。
昔からauを使ってるtakutonにとっては今のauも1年前のauもそんなに変わってないのです。
ただ、仲間由紀江がCMをしだしてから、auの印象は変わったのかなと感じます。
要はイメージ。見た目。なんでしょうね。

流れの早い携帯業界。
auは3G携帯で先を行ってます。
米の番号ポータビリティ制度、1年で850万人が利用とあるように、ナンバーポータビリティには潜在的な需要があるようです。
ナンバーポータビリティが始まれば加入者数はどう動くんでしょうね。


au/docomo/vodafone/tuka契約している方、人気blogランキングの協力をお願いします。
[PR]
by chaos_step | 2004-11-26 00:00 | モノ日記


<< オハヨー ジャージー牛乳プリン ハウルの動く城 公開初日 >>